記事一覧

汗の二オイとワキガの違いはどこにある?

脇の下のニオイには、一般的な汗臭さとは明らかに異なる、すっぱいような、にがいような独特なものがあります。この強烈なニオイが、ワキガの特徴です。ニオイがすると不潔なイメージが持たれがちですが、それは正しくはありません。ワキガはアポクリン汗腺の働きが活発なために起こる現象なのです。アポクリン汗腺から出る汗は、エクリン汗腺から出る汗と違い、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが多く含まれていて、粘性が強く、細菌がつきやすい性質があります。

このアポクリン汗腺から出た汗を細菌が分解すると、強い腐敗臭が生まれ、これがワキガのニオイとなります。アポクリン汗腺はすべての人が備えているものですから、誰もがワキガになる要素を持ち合わせています。それでもワキガになる人とならない人がいるのは、不思議に思うでしょう。じつはワキガは遺伝的な要素が強く、アポクリン汗腺がとても活発な人に限られます。

体質的には黒人、欧米人、アラブ圏の人々などに多く、日本人には少ないようです。脇の下がにおうと悩む人は、汗臭いだけなのか、本当にワキガ体質なのかを見極める必要があります。今まで1日に何度もお風呂に入り、制汗剤をふきつけてもニオイがとれずに悩んでいた…という人は、ワキガ体質である可能性があります。それを見極めるために、次のテストで当てはまる箇所にチェックを入れてみてください。