記事一覧

汗臭さかワキガか、「脇の下の二オイ」は 原因を知ることからはじめる

●脇の下はなぜにおう?
体の洗い方がわかったところで、「とくにニオイが気になる」という指摘が多い箇所を、パーツ別に解説していきたいと思います。体の中で多くの人が気にしている場所といえば、まず「脇の下」のニオイでしょう。程度の違いこそあれ、汗をかいたときにニオイが出やすい箇所ですし、それを示すように脇の下用のデオドラント商品は数多く売られています。

では、なぜ脇の下はにおうのでしょうか。じつは脇の下は、エクリン汗腺だけでなくアポタリン汗腺も発達しているため、たくさん汗が出ます。また、皮脂の分泌も盛んで、タンパク質やアミノ酸、脂質、ミネラルといった細菌(雑菌)の栄養分になる物質もたっぷり。汗そのものにほとんどニオイがなくても、これらの物質と結びつき、酸化・分解されることにより、強いニオイが発せられるのです。

●脇毛が二オイを発生させ、発散させる
しかも脇の下には、脇毛が生えています。脇毛自体には、本来ごくわずかしか細菌は存在しないのですが、汗の水分が湿り気として溜まるため繁殖が進みます。そこで作られたニオイは、毛にからまってとどまり、一方で外部へと発散されるため、とても強いニオイに感じられるのです。実際に、女性に比べて男性の体臭が強いといわれるのも、女性に比べて男性は、脇毛の手入れをほとんどしていないのが一因だといわれています。

また、脇の下は環境的にもニオイの発生しやすい条件がそろっています。脇の下は胴体と二の腕の裏側に挟まれて汗が蒸発しにくい上、洋服にも覆われています。そのため高温多湿となり、細菌の繁殖が進むというわけです。しかも、このように汗がたまりやすく蒸発しづらい場所では、アンモニアや尿素といったニオイ成分までもが凝縮されます。さらに重炭酸イオンが蓄積されて皮膚上がアルカリ性に傾きやすくなります。アルカリ性といえば、悪い働きをする黄色ブドウ球菌たちの好物ですから、いよいよ彼らは活発になって、悪臭をどんどん生み出すことになるのです。