記事一覧

ボディソープよりも「固形の浴用石けん」

まず体を洗う石けんを選ぶなら、「固形の石けん」をオススメします。最近は、香りの強い液体のボディソープがたくさん売られ、おしゃれなイメージから好んで使う人が増えているようです。しかし、ボディソープは皮膚への刺激が強く、皮膚の常在菌へのダメージが大きくなります。石けんやボディソープの成分は、界面活性剤と石けん成分に大別され、ほとんどのボディソープは皮膚への刺激が強い界面活性剤を主体としています。

またボディソープは、ポンプを1回プッシュすると、かなりの量が出てきます。とろりとした液体なので肌ざわりは柔らかく感じられるのですが、体を洗うには多すぎて、必要以上の洗浄成分を体にこすりつけることになるのです。一方、昔ながらの固形石けんは石けん成分が主体ですし、自分がどれくらい使っているかもわかりやすいというメリットがあります。どうしても使い慣れたボディソープがいい場合は、石けん成分主体のボディソープをオススメします。表示をよく読んで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

「天然素材のタオル」や「手のひら」でやさしく
石けんを選んだら、次は洗い方です。体を洗う時、あなたは何を使っていますか。多くの人がナイロンタオルなど硬めのタオルでないと洗った気がしないといいます。しかし、硬いもので体をこすると、皮脂のとりすぎになり、余分に皮脂を分泌することになるので、綿や木綿などの天然素材にしましょう。そしてこするのではなく、泡で汚れを包み込むようにして洗い、最後は石けん成分を残さないよう流しきるのがポイントです。

①濡らした手に石けんをとり、両手のひらでこすってキメ細やかな泡を作る。
②木綿のタオルか手を使って、泡を全身に伸ばすように洗う。このとき、決してゴシゴシこすらない。
③石けん成分が残らないように、しつかり流す。