記事一覧

二オイの原因は「汗+皮脂+細菌」にあり

一方、アポクリン汗腺は、エクリン汗腺と違い、分布している箇所が限られます。脇の下、おへそのまわり、耳の外耳道(穴)、乳輪、局部、肛門などです。これらに共通点があることに気づきませんか? そう、濃い体毛が生える場所です(頭皮は除く)。アポクリン汗腺は男性ホルモンの影響で活発になり、思春期の前後に大きく発達します。

さて、毛穴の中でアポクリン汗腺と隣り合うように突出する「皮脂腺」があります。皮脂腺は体表面上のすべての毛穴に存在し、脂肪分(皮脂)を分泌する器官です。皮脂があるからこそ、肌や髪の毛は潤いを保つことができ、また外敵から身を守ることができるのです。そんな肌を守るバリアともいえる皮脂ですが、エクリン汗腺から出る汗やアポクリン汗腺から出る汗と混ざりあうと、困ったことにニオイの原因となってしまいます。

そのしくみは次の通りです。人間の体には、さまざまな細菌が棲んでおり、その中にはよい働きをするものと悪い働きをするものがいます。健康な皮膚上では「表皮ブドウ球菌」という細菌が勢力を持っています。表皮ブドウ球菌はよい働きをする細菌で、彼らは皮脂と汗を食べて分解し、肌を弱酸性に保ち、よい香りのもととなる脂肪酸を作ります。

しかし「黄色ブドウ球菌」や「真菌」といった悪い働きをする菌が優位になっているときは問題です。彼らが皮脂や汗を食べて作り出す脂肪酸は悪臭を放ち、またアンモニアやインドールなどの不快なニオイとなるのです。この嫌なニオイこそが、体表面から立ちのぼる、いわゆる”体臭”の正体。つまり体臭は、「汗+皮脂+細菌」によって発生するものなのです。