記事一覧

「ボディの二オイ」の原因は細菌! 包み洗いでさっぱり落とす!

「汗臭い」という言葉があるように、汗を「体臭のもと」と考える人は多いようです。実際に、コンサート会場など人ごみの中に入ったりすると、こもったような、すえたニオイがします。しかし、「汗=体臭」なのかというと、そうではありません。その理由をお話する前に、汗についておさらいしておきましょう。

汗はどこから出てくるのでしょうか。この答えは、全身に張り巡らされた「汗腺」です。汗腺は、簡単にいうと水分を蒸発させて、体温を調節する装置です。人間の体温が一定を保てるのは、汗腺の働きのおかげなのです。汗腺は2種類あり、1つを「エクリン汗腺」、もう1つを「アポクリン汗腺」といいます。

汗腺のうち、全身に分布しているのがエクリン汗腺で、その数はなんと1平方センチあたり100個を越えるといわれています。これをザッと計算すると、全身でおよそ200万個にもなります。そんな汗腺から排出される汗の量は、1日約1・5?にもなります。エクリン汗腺から出る汗の成分は99%が水で、残りの1%は塩化ナトリウム、尿素などの塩分類で構成されています。ほぼ水ですから、当然無臭です。つまり、エクリン汗腺から出る汗は体臭そのものにはならないのです。