記事一覧

体臭の3つの発生源とは?

体臭チェックの結果、「ニオイがした」「しなかった」さまざまな答えがあるでしょう。さて、ここで改めて質問をします。「ニオイがした」という人は、いったい体のどこがにおっていたのでしょう。こんな質問をするのには理由があります。じつは体臭には「体表面」「体内」「腸内」という3つの発生源による違いがあるからです。それぞれどんな違いがあるか、簡単にまとめてみましょう。

体表面体臭
汗腺と皮脂腺、細菌によって皮膚上で発生するニオイ。一般的な体臭のこと。ワキガも含む。

体内体臭
体内で発生し、汗や口臭として表に出るニオイ。体内のホルモン異常や生理機能の低下などを原因とし、皮脂の分泌が盛んになったり、活性酸素が発生したりして起こる。

腸内体臭
腸の中で食べ物が分解されたり、発酵したりする際に発生したガスが、体内に吸収されたのち、汗や口臭として出る体臭。便臭や腐敗臭が代表的。

ニオイだけで自分の体臭が、3つのうちのどれに当てはまるかを判断するのは難しいかもしれません。しかし体臭対策をするなら、発生源を正しく見極めることは何より重要になってきます。なぜなら、「体内体臭」の人が「体表面体臭」のケアをしても、効果があらわれないからです。「自分の体臭の種類を見極め、適した消臭法をとり入れること」。これが体臭対策の基本です。