記事一覧

足だけの「独特な二オイ」の正体は

では、イソ吉草酸を定着さえないようにするにはどう洗えばよいのでしょう。実際のところ、私が見てきた限り、たいていの人は足の洗い方が足りないようです。そういうと、「いや、自分はしっかり洗えている」と反論する人もいます。しかし本人が一生懸命洗っている「つもり」でも、実際には洗えていないというケースがよくあるのです。足を洗う際のポイントは、次の2つです。

①足の指のあいだまで洗う
②定の爪のあいだを洗う

指のあいだは垢や汚れがたまりやすく、体を洗う時におざなりになりがちな場所でもあります。あなたは足の指のあいだを1本ずつ広げて洗っているでしょうか? そこまではやっていなかったという人は、これから1本1本広げるように伸ばしながら、指のあいだを泡で包み洗いしてください。このとき、指の裏側も忘れずに。爪の先や、爪と周囲の皮膚とのあいだの汚れは、普通に洗っていても、落としきることができません。しっかりかき出すために、歯ブラシを1個、足の指専用にして浴室に置いておき、1週間に1度使うようにするとよいでしょう。また、洗う時にシャンプーを使うと、足のニオイを予防しやすくなるといいます。洗いすぎは禁物ですから、皮膚の上の常在菌まで消してしまわないよう、「足の指のあいだ」と「足の爪のあいだ」という2つのポイントを入念に洗ってください。

ここまでは汚れやニオイを定着させない洗い方を紹介しましたが、しみ込んでしまつたニオイには、酢を使った足浴がオススメです。足の汚れを落としたあと、大きめの洗面器にやや熱めのお湯をはり、大さじ3杯程度の酢を入れて両足をひたすだけ。酢に含まれるクエン酸が、細菌の繁殖を抑えます。湿り気は雑菌を繁殖させる原因となるので、浴室から出たら指のあいだから爪の周囲まで、水分を残さずよくふきとり、乾燥させましょう。洗いすぎや乾燥でかかとが角質化している人は、要注意です。汚れが入り込み、ニオイのもとになってしまうので、保湿クリームでなめらかな皮膚をとり戻しましょう。