記事一覧

ニオイを気にしすぎる日本人

汗ふきシートに消臭スプレー、汗脇パッド、抗菌防臭肌着…。ドラッグストアに行くと、今や消臭・制汗効果をうたったデオドラント商品が、所狭しと並べられています。それだけ体臭を気にする人が多いという証でしょう。事実、通産省のアンケート調査によると、「自分の口臭・体臭を気にしている」と答えた人は42%にものばっています。これは、「太り過ぎないよう食事には気を使う」と答えた人(38%)よりも多く、いかに現代人が体臭を気にしているかがわかります。

なぜ、そこまで体臭を気にするのでしょうか。これには、1つの仮説があります。高い換気機能を持つ住宅が増えたり、上下水道が発達したりした現代の日本では、炊事のこオイやトイレのニオイなど、社会全体からあらゆる生活臭が薄れてきました。その上、ここ数年は多くの日用品が抗菌・防臭化傾向にあります。たとえばキッチン用の除菌クリーナーにお風呂用の抗菌マット、抗菌洗濯用洗剤などなど…その対象は住環境のすべてにわたっています。するとどうなるでしょう。

まわりのこオイが消えれば、それまで気にもとめていなかった人間の二オイが浮き出てきます。結果として、体臭が気になりだしたのだと考えられるのです。しかし、ニオイがあるのは恥ずかしいことでしょうか。また、そのニオイは、本当に周囲の人に不快感を与えているのでしょうか。「自分は臭い」と思い込み、消臭に熱心になる前に、まずは自分自身の二オイを正しく知り、理解した上で、ニオイの性質に合った対処法を探していくべきだと、私は考えます。